会社勤めからフリーエンジニアへ転職する前にやるべきこと

独立したい

近年正社員として働くのではなく、フリーエンジニアとして働く方が増えつつあります。フリーランスと正社員ではどのような違いがあるのか、まとめてみました。

フリーランスと正社員の特徴

フリーランス

会社勤めの時は、会社から指示された仕事をこなすのが一般的ですが、フリーランスで働けば好きな仕事を選択することが可能となります。嫌な仕事を断ることができるのは、大きなメリットでしょう。

正社員

真面目に働けば確実に給料がもらえるという、安定性があるのが最大のメリットです。また、求人によって様々ですが福利厚生があるのも魅力でしょう。

会社勤めからフリーエンジニアへ転職する前にやるべきこと

男女

努力を怠らないようにしよう

大工であろうが施工管理であろうが、どのような業界でも言えることですが、実力がないと生き残れません。フリーエンジニアとして働くのであれば、自分から積極的に行動して仕事をゲットする必要があります。しかしながら、仕事をもらうためには、自分の実力がなければいけません。フリーになっても仕事をゲットできるように、スキルアップは怠らないようにしてください。

新聞

これからどのようなスキルが必要とされるかリサーチしておく

現職の会社で得たスキルが今後ずっと必要とされるとは限りません。もし、必要とされない場合、独立したとしても、仕事をゲットできないでしょう。独立する前に、どんなスキルが必要なのか調査しておきましょう。

履歴書

過去の実績を証明するものを準備しよう

フリーになって仕事をゲットするためには、先方に自分の実力を示さなければいけません。そのために、過去の実績が分かるようなものを予め準備しておきましょう。

面接

独立する前にローンの契約は引越しを済ませておく

独立すると社会的な信用が低くなってしまうケースも珍しくありません。もし、社会的な信用が低くなってしまうと、住宅ローンや賃貸契約などの審査に落ちてしまうといったことになることもあります。それを防ぐためには、独立するためにこのような契約を済ませておくことが大事です。

広告募集中