タクシー業界で働きたいなら希望の勤務スタイルを考えるべし

タクシー業界で働きたいなら希望の勤務スタイルを考えるべし

模型

朝から働きたいなら昼日勤を選ぼう

「朝から夕方まで働いて、夜はゆっくりしたい」という方は多いでしょう。そんな方にぴったりなのが昼日勤です。昼日勤での主な勤務時間は「8時から16時まで」という、一般企業と同じようなシフトになります。

タクシーのマーク

夜働くことを希望するのであれば夜日勤を

「夜型人間のため、夜の時間帯で働くことのできるところへ転職したい」という方は夜日勤がよいでしょう。夜日勤での主な勤務時間は「18時から2時まで」などの時間帯の場合が多いです。深夜の時間帯になると割増料金になりますので稼ぎやすくなります。

TAXI

シフトにこだわりがなければ隔日勤務がオススメ

「どのような時間帯でもいいからとにかく働きたい」と考えている方は、隔日勤務を推奨します。現在のタクシー業界はこのシフトを採用しているところが多いです。シフトの例としては「午前7時から翌日の午前3時まで」などの20時間勤務となります。なお、20時間ずっと働き続けるということではなく、3時間の休憩をとることができます。

タクシー会社の給与スタイル

A型賃金

固定給とボーナスに合わせて、歩合給も加えているという給与スタイルになります。毎月決まった額の給料がもらえるので、安心して働けるのが魅力です。

B型賃金

完全歩合制となるのがB型賃金です。利益を上げれば上げるほどその月の給料がアップするので、努力次第で多く稼ぐことができるのが大きなメリットです。

広告募集中